OS1は、賞味期限切れでも飲めるのか?どれぐらいか調査した。

大塚製薬のOS1は、体の調子が悪いときなんかに飲むと、かなりいい飲み物ですね。

私も実は、けっこうお世話になっています。

ですが、OS1って、基本的に体調が悪いときに飲む場合が多いので、賞味期限切れになっちゃうこともありますよね。

そこで今回は、OS1は、賞味期限切れでも飲めるのか、飲めるならどれぐらいまでOKなのか、ということを調べました。

※ あくまでも一般論を書いています。賞味期限切れのものを飲むことを勧めているわけではありません。

OS1は、賞味期限切れでも飲めるのか、その答えは

では早速、OS1は、賞味期限切れでも飲めるのか、ということを。

結論から書くと、OS1は、2ヶ月程度なら、賞味期限切れになっても飲むことが出来る可能性が高い、となります。

理由は、食品などの賞味期限の決め方にあります。

基本的に、賞味期限は、美味しく飲める期限という形であるうえ、実際の試験結果よりも短く設定されていることがほとんどです。

具体的には、メーカーが指定している賞味期限の1.2倍程度なら、飲んでも問題ない可能性が高いと言われています。

そして、OS1の賞味期限は、というと…

500mlのペットボトルタイプが製造日から15ヶ月。

280mlのペットボトルやゼリータイプが製造日から12ヶ月となっています。

賞味期限が短い方の、280mlのペットボトルだとしても、12ヶ月×1.2で、14.4ヶ月。

要するに、2.4ヶ月ぐらいは余裕があるということが分かります。

だから、2ヶ月程度なら、賞味期限切れだったとしても、飲める可能性が高いというわけですね。

半年や1年以上経過したものは飲まないほうがいい

逆に考えると、OS1の賞味期限切れでも大丈夫そう、飲めると考えられる期限は、賞味期限切れから2~3ヶ月ということになります。

つまり、半年や1年以上、経過したものは飲まないほうがいいということになりますね。

OS1は、体調が悪いときに飲むという場合が多いため、どうしても余ってしまうことがありますが、賞味期限切れでかなり過ぎているものは、止めておきましょう。

賞味期限切れでの注意点

そうそう、こういう情報を書いておいて、こんなことを書くべきではないかもしれませんが。

個人的には、OS1は、メーカーが指定している賞味期限は守ったほうがいいと思いますよ。

理由としては、先程から書いているように、OS1は、脱水状態になっていたり、風邪やインフルエンザなどで体調が悪いときに飲むことが多いですよね。

で、そんなときに、賞味期限切れとなっていることが分かっているOS1を飲むというのは、なんか嫌な感じだと思いませんか。

病は気から、ということわざが昔からあるように、ちょっとしたことで体調に変化が出てしまうことがあるかもしれません。

出来れば、賞味期限切れのOS1ではなく、ちゃんと印字されている賞味期限内のOS1を飲んだほうが、いい感じがしませんか。

そういう、いい感じ、という、気の持ちようで違ってくる可能性があるのです。

ついでに書くと、もしも賞味期限切れのOS1を飲んで酷い目にあったとしても…

メーカーに文句を言うとかは出来ませんからね。

飲むなら自己責任ということになるので、そこも注意してください。

ということで、今まで書いてきたことをまとめると…

  • OS1は賞味期限切れ後、2ヶ月ぐらいまでなら飲める可能性が高い
  • ただし、自己責任だし、体調悪いときに飲むものなので慎重に

といった感じでしょうね。

OS1は飲み過ぎないようにしたほうがいい

ちなみに、OS1は、飲み過ぎると良くないと言われています。

その理由は、通常のスポーツドリングなどと比べて、塩分が結構たくさん含まれているから。

OS1を実際に飲むと分かりますけど、ポカリスエットに塩っぱさを加えたような味になっています。

塩分を取りすぎるとダメ、ということはよく言われていますよね。

そして、OS1の1日あたりの目安量は、学童~成人が、500m~1000mlと書かれています。

これって、がぶ飲みしちゃうと、一気に飲み干してしまいそうなレベルですね。

ですので、次回飲むときは賞味期限切れになりそうだからといって、飲み過ぎたりすると、良くない可能性が高いですよ。

OS1の値段はどこで買うのが最安値なのか?

最後に、経口補水液のOS1の値段について書いていきます。

OS1は、ドラッグストアや薬局などでも購入できますが、楽天やamazonなどのネット通販でも注文することが出来ます。

そして、どこで購入するのが一番お買い得なのかと言うと…

はっきり言って分かりません。

というのも、OS1のような人気商品の場合、安いショップからどんどん購入されていくので、在庫の変動が激しく、価格も安定しないのです。

特に、需要が高い夏場や冬は、売り切れてしまったり入荷待ちになってしまうショップも多いですからね。

ですので、あなたが欲しい!と思ったタイミングで、楽天やamazonをチェックしてみて、一番オトクに購入できそうなショップで注文すること、これが一番いいと思いますよ。

注意点を一応書いておくと、OS1って、500mlのものと、280mlのものがあります。

ついでに、OS1ゼリーというものもあります。

ゼリーと普通のOS1は間違えないでしょうけど、500mlと280mlのものは間違えて購入してしまう可能性もあるので、しっかりと表示を確認してから注文してくださいね。

後、OS1に限らず、ネットで注文するときは、まとめ買いをするとかなり安く手に入ることが多いです。

更に、まとめ買いすると送料無料で届けてくれるショップも結構あります。

ですので、例えば、500ml×24本のケースなどをチェックすると、1本あたりの価格がググッと下がることも多いですよ。

賞味期限切れになってしまう可能性も上がってしまいますが、500mlペットボトルの場合は15ヶ月あるので、使い切りやすいといえるでしょう。

どれぐらい常備しておくか、というのも考えて、注文してみてくださいね。

>>楽天でOS-1を探すならコチラ

>>amazonでOS-1を探すならコチラ