シンサレートウルトラ掛け布団は薄い、寒い。その口コミ、ホント?

寒い冬の布団選びって、悩みますよね。

寒い時は羽毛布団がイチバン!という人もいますけど、ピンキリですし。

そんな中、シンサレートウルトラ掛け布団という布団を発見しました。

なんでも、羽毛よりも軽くて、暖かさが約2倍もあるのだとか。

ただ、口コミを見ると、薄いとか寒いとか、書いている人もいました。

そこで今回は、シンサレートウルトラ掛け布団の口コミや評判を中心に調べていきますね。

>>シンサレート掛け布団の販売店はコチラ
※ ビックリするぐらいショップが多いかも!?

シンサレートウルトラ掛け布団の口コミや評判チェック

まずは、シンサレートウルトラ掛け布団の口コミや評判についてです。

「これはスゴイ!」というものと、「うーん?どうだろ?」という評価に分かれています。

先に、これはスゴイ!系のものからまとめますね。

  • 軽くて暖かい
  • 羽毛布団よりいい感じ
  • 朝までぐっすり
  • アレルギーがあるから助かります
  • 洗えるのが嬉しい

といった感じの口コミがたくさんありました。

色々なショップが、シンサレートウルトラ掛け布団を販売していますが、大体のところで、買ってよかった系の口コミのほうが多い状態でしたね。

悪い口コミはどんな感じなのか

それに対して、シンサレートウルトラ掛け布団の悪い口コミは、というと。

  • 思ったほど暖かくない、薄いし寒い
  • 真冬にこれ1枚は無理
  • 羽毛布団のほうが良かったかも?

といったことが書かれていました。

ただ、さきほども書きましたが、シンサレートウルトラ掛け布団の微妙だった系口コミは、あまり多くありません。

多くの人が「買ってよかった!」系のレビューを書いています。

どうして、薄い、寒いというレビューが出てくるのか

では、どうしてシンサレートウルトラ掛け布団には、薄いとか、寒い、という口コミやレビューが出てくるのか、その理由について検証していきます。

暖かい、寒い、薄いなどの感覚は人それぞれ

いきなり結論に近いことを書きますが。

シンサレートウルトラ掛け布団に限った話ではなく、暖かいだとか、寒い、薄いなどの感覚は、人それぞれ違うから、というのが最大の原因でしょう。

例えば、「寒がり」と一言で書いても、どれぐらい寒がりなのか、というのは人それぞれですよね。

どれぐらい寒がりならどう感じるのか、というのは、非常に書きにくいものです。

同じように、シンサレートウルトラ掛け布団を使う前にどんな布団を使っていたか、ということでも変わってくるでしょう。

例えば、10万円以上もするような、超高級な羽毛布団を使っていたり。

電気毛布やら湯たんぽ、靴下などで暖をとっていた人が、シンサレートウルトラ掛け布団1枚で満足できるかというと…微妙な気もします。

少し、極端に書いちゃいましたが。

人それぞれ、暖かい、寒い、みたいな感覚は全く違うから、この手の寝具の口コミはあまりアテにならないことが多いです。

まあ、シンサレートウルトラ掛け布団の場合は、大抵の人が暖かいと感じているので、そこまで心配しなくてもいいでしょうけどね。

種類が色々ある

更に、シンサレートウルトラ掛け布団の場合は、色々な種類があるもの原因の1つでしょう。

シンサレートウルトラ掛け布団は、その名の通り、「シンサレートウルトラ」という素材が入っている掛け布団のことですが。

実は、これって、私が知っているだけでも3種類あります。

  • シンサレートウルトラ
  • シンサレートウルトラ150
  • シンサレートウルトラ200

です。

150だとか200だとか、数字が大きいほど、保温性などがスゴイ素材となっています。

要するに、販売店によって、普通のタイプのものだったり、150だったり200だったりするわけですね。

これがごちゃごちゃになりがちなので、暖かくない、寒い、という意見が出てきちゃうわけですね。

寒がりだとか、冷え性で冬に困っている、という人なら、普通のタイプではなく、150や200のものを選んでみてはどうでしょうか。

シンサレートウルトラ掛け布団の店舗、販売店をチェック

それでは、シンサレートウルトラ掛け布団の店舗や販売店をみていきましょう。

楽天やamazonなどの大手ネット通販サイトで、色々なショップが販売していますよ。

>>楽天でシンサレート掛け布団を見るならコチラ

>>amazonで探すならコチラ

選び方のポイント

で、シンサレートウルトラ掛け布団の店舗、販売店をチェックしてくれた方なら分かると思いますが、かなり色々ショップが表示されます。

はっきり言って、どのショップを選んでいいか、分からない、という人もいるでしょう。

そこで、選び方のポイントをいくつか書いておきますね。

種類で選ぶ

先程も書きましたが、シンサレートウルトラ掛け布団には、種類があります。

通常のものと、150と200ですね。(※ まだ増える可能性もあります)

数字がないものに比べて、150、200と上がっていくごとに、保温性がアップします。

だから、あなたがムチャクチャ寒がりなら、150や200のものを選ぶべきですね。

もちろん、価格は150、200と大きくなるにつれ、高くなる傾向があります。

ですが、寒い冬を暖かく過ごしたいのであれば、上位版を選ぶべきですよ。

ちなみに、ショップをチェックしてみて、「シンサレートウルトラ」としか書かれていない場合は、通常のものだと思っていいでしょう。

そのあたりも注意して選んでみてくださいね。

東レやテイジンなど、有名メーカーの中綿を選ぶ

後は、中綿で選ぶ方法があります。

シンサレートウルトラ掛け布団といっても、掛け布団の中にシンサレートだけが入っているわけではありません。

それ以外の中綿素材も入っています。

有名メーカーのテイジンや東レの中綿なら、安心できますよね。

また、中綿だけではなく、名前を聞いたことがあるショップがあるなら、有名そうなショップで注文する、というのもいいでしょうね。

口コミやレビューの多いショップで選ぶ

他にも、口コミやレビューが多いショップで選ぶ、というのも有効です。

理由は、口コミやレビューが多いということは、それだけ多くの人が、そのショップで注文しているからです。

たくさんの人が注文しているショップと、誰も注文してなさそうなショップなら、たくさん注文していそうな方が安心できますよね。

梱包や発送なんかも、手慣れていて、トラブルも少ないでしょうから。

価格で選ぶのも、もちろんあり

そうそう、価格で選ぶのも、もちろんアリですよ。

できれば安いショップで注文したいですからね。

ただ、価格が安くても、送料が必要だったり、ポイント還元率が低い、なんていう場合もあるので、しっかり見ておいたほうがいいですよ。

後、シンサレートウルトラ掛け布団の種類にも注意ですね。

「シンサレートウルトラ 150」で検索したら、サイズが150cmという布団が検索結果に出たりしますから。

しっかりと種類を見定めてから注文することをオススメします。

といった感じで、シンサレートウルトラ掛け布団の選び方について書きました。

種類や店舗、価格、口コミの量などを参考にするといいでしょう。

後は、あなたの感性次第、ですね。

種類も店舗もたくさんあるので、間違えないように注意して注文してください。

>>シンサレート掛け布団の販売店はコチラ
※ 寒い冬に大活躍しますよ