フォーサ(FOSA)という真空保存器の口コミや評判は…?

突然ですけど、真空パック器ってあるじゃないですか。

私も持っていて使っているのですが、たまに上手く真空にならない時がありませんか?

後、あの真空パック器専用のパックが意外と高くて、使うのがちょっともったいないかも…って思うこともあります。

そんな悩みを解決できる、フォーサ(FOSA)という名前の真空保存器(?)ともいうべき商品が出たみたいです。

今回は、このフォーサ(FOSA)の口コミや評判、価格や特徴について色々書いていきますね。

>>フォーサを注文できるサイト一覧はコチラ

フォーサ(FOSA)の評判や口コミをチェック!

では、早速、FOSA(フォーサ)の評判や口コミをチェックしていきましょう!

フォーサはかなり人気が高い真空保存容器となっていて、楽天やショップジャパンを始め、沢山のサイトに口コミが掲載されていますね。

そんな口コミや評判、レビューをまとめてみると…

  • 野菜が長持ちして感動
  • 食べ残しが嫌で、無理やり食べていたのを残すことが出来るのが嬉しい
  • 使い方もカンタンだからあっという間にコンテナを使い切ってしまった
  • 賞味期限をあまり気にしなくても大丈夫になった
  • たくさん作って保存できるので、時短になる

という感じのものがかなり多いですね。

ただ、基本セットだけを注文した人からは、「便利すぎるけど容器の数が足りなくて困っている」的な悪い口コミ(?)も。

そう、実は後からフォーサの容器を追加注文すると、少し高く付いてしまいます。

ですので、出来れば最初から容器がたくさん付いた方のセットを注文したほうが良いかもしれませんよ。

ちなみに、あくまでも個人的な意見を書くとするなら。

ボタン一つで簡単に真空になって長期保存できるって凄いな、と思います。

真空パックの場合だと、汁物とかはかなり辛いですが、フォーサなら汁物でもOKですし。

そういうところが魅力ですね。

フォーサを実際に使ってみたのでレビューしてみた

次に、フォーサを実際に使ってみてのレビューを書いていきます。(※ ショップジャパン様から、フォーサを送っていただきました。)

まずは、包装などをチェックしていきますね。

意外と大きめのダンボールで届いて、その中に緩衝材と、細長いダンボールが2つ、はいっていました。

で、そのダンボールから取り出してみるとこんな感じ。

写真では、ちょっと分かりにくいかもしれませんが。

しっかりと袋に入っていて、容器同士の間に丸い厚紙が挟まっています。

更に、蓋と容器の間にも薄いシートみたいなものが挟まっていて、包装にかなり気を使っている事が分かりましたよ。

さすが、20年以上続いている大手通販メーカーだけのことはありますね。

後は、本体というか、空気を吸い出す丸い装置に単3電池を4本入れて、真空保存したいものを容器に入れて、蓋をして、ボタンをポチッと押すだけです。

電池も超カンタンにセットできますよ。

というわけで、さっそくですが、使ってみました。

容器に入れて、蓋をして、本体を載せて、ボタンをポチッと押すと、上のボタンが光ります。

光が消えたら、本体を外して終了。

メチャメチャ簡単ですよ。

フォーサの蓋を開けるときも、蓋の真ん中にある、黄緑色の部分を押すだけです。

「プシュ~!」

という音とともに、真空が解除されます。

正確な時間は計っていませんが、大きなコンテナでも、1秒ぐらいでOKでした。

口コミでは、「真空を解除した後、開けるのがちょっと固いかも」みたいなことを書いている人もいましたが、私は普通に開けることが出来ましたよ。

そうそう。

「これ、何を入れているの?」

と思う人がいるかも知れませんが。

いろいろな野菜を切って入れています。

よくスーパーやコンビニで売っている、カット野菜的なものですね。

料理をする前に野菜を切るのって、結構時間がかかるじゃないですか。

だから、我が家では、時間があるときに、あらかじめ野菜を切って保管しておくのです。

今までは、切った野菜はジップロックみたいな、チャック付きの袋に入れていました。

フォーサに変えたら、新鮮さが長続きしてますよ。

後、写真には載せていませんが、ひじきの煮物もフォーサで保管しています。

こういう、ちょっとした副菜を作って、長く保存できるのも大きな魅力ですね。

手間なくサッと出せる副菜を積極的に取り入れると、食事の栄養バランスも良くなって、食生活がよくなります。

以上、フォーサのレビューというか、感想でした。

価格や販売店について

続いては、フォーサ(FOSA)の価格や販売店について書いていきますね。

私がチェックしたタイミングでは、フォーサ(FOSA)は、セットにもよりますが、だいたい、1万円~1万5千円程度で販売されていました。

ただしこの価格って、変更されることが多いので、あくまでも参考価格ということにしてください。

フォーサの販売店をチェック!

私がチェックしたタイミングでは、フォーサは、ショップジャパン公式と、楽天のショップジャパン直営店で注文することができる状態でした。

注文できるサイトを書いておきますね。

>>ショップジャパン公式

>>楽天でフォーサを探すならコチラ

※ 現在、かなり品薄みたいなので、売り切れに注意してください

amazonでは販売されていないのか?

ちなみに、amazonでフォーサがあるのか、探してみましたけど…それらしきものはありましたが、ショップジャパンのものではなく、怪しい並行輸入品(?)っぽいものでした。

「日本語の取扱説明書がなかった」とか、「本体が入っていなかった」だとか、かなり悪い口コミが書かれているショップもありました。

価格もマチマチで、ちょっとこれは怖いな…と感じましたよ。

一応、amazonにもショップジャパンのショップがありますから、もしかしたら今後、ショップジャパンが正式に販売しているフォーサが出てくる可能性もあります。

なので、チェックしてみるのも悪くないと思いますが…

基本的には、ショップジャパン直営っぽいショップで注文したほうが無難です。

>>amazonでフォーサを探すならコチラ

楽天か、公式、どちらがいいかはその時次第?

では、ショップジャパン公式サイトか、楽天の直営店、注文するならどちらがいいか、という話になりますが…

これは、その時々で大きく変わります。

もしも、ショップジャパン公式と、楽天直営店で、価格や送料が全く同じ状態なら、楽天ポイントが貯まったり、使えたりする、楽天直営店で注文するほうがオトクでしょう。

ですが、公式サイト、楽天、共に、色々なキャンペーンをおこなうことがあります。

で、公式サイトのほうが、オトクに注文できそうなキャンペーンをしていることもありますからね。

ですので、公式サイトと楽天直営、どちらがいいかは、今ここで書くことは出来ません。

「フォーサが欲しい!」と思ったときに、公式サイトや楽天直営店をチェックしてみて、どちらがオトクにゲットできるかを調べてから、注文することをオススメします。

>>フォーサを注文できるサイト一覧はコチラ
※ 意外な価格で注文できるかも!?

フォーサの容器のみ、コンテナのみを注文する方法

フォーサの口コミのところにも書きましたが…

あまりにも便利すぎて「容器(コンテナ)がもっと欲しい!」と感じている人がかなり多いです。

では、フォーサの容器のみ、コンテナのみを注文する方法について書いておきますね。

実は、ショップジャパン公式では、容器のみの注文も出来ます。

どれぐらいの価格で注文できるのか、知りたい方はチェックしてみてください。

>>公式で容器だけの価格が見たい方はコチラ

はい、見た人なら分かると思いますけど、実はフォーサの容器のみ、コンテナのみの価格って、ちょっと高めになっています。

少なくとも、本体込みで注文する場合よりも、1個あたりの価格が高いですね。

これ、1~3個ぐらい追加で欲しい、という場合を除けば、もう一つ本体とセットになっているほうを追加で注文したほうが良い気がします…。

そのほうが、1個あたりの価格がググッと安くなります。

そして、もしも本体が動かなくなったとしても、もう1つ新品同様の本体が使えるという安心感もありますね。

実際、口コミなどを見ていくと、容器のみ、コンテナのみを追加注文する人以外に、本体込みセットを追加で注文している人もいましたよ。

そっちのほうがオトクに容器を増やせますから、賢い買い方だといえるでしょう。

>>フォーサの販売店はコチラ
※ 容器のみよりも、本体込みのほうがオトクかも?

フォーサ(FOSA)の魅力は何?

次に、人気が急上昇中のフォーサの魅力について書いていきます。

まずは、フォーサを分かりやすく解説してくれている動画がyoutubeにありましたので、気になる方はチェックしてみてください。(※ 正規販売店のショップジャパンのものです)

どうですか、ちょっと凄いと思いませんでしたか。

一応、文章でもその魅力について書いていきますね。

常備菜やおかずの作りおきの保存容器として、ほぼ最強

一番の凄さはなんといっても、常備菜やおかずの作りおき等の保管方法としては、ほぼ最強だということでしょうね。

密閉できるだけではなく、真空状態にすることで、中身をかなり長持ちさせることができちゃいますから。

特に最近、常備菜やおかずの作りおきをすることで、出来るだけ家事の時間を短縮する、みたいなことを言っている人、多いじゃないですか。

実際、私も使っていますけど、常備菜やおかずの作り置きをすると、食事の準備をする時間が一気に短縮できたり、ほとんど何もしないで副菜が1品用意できたりと、重宝しています。

忙しくて食事の準備の時間をなかなか取れない人にとっては、めちゃ嬉しい時短アイテムになりますよ。

ボタン1つで簡単に真空状態にできる

また、容器の上にセットして、ボタンを押すだけで真空状態にすることが出来るという手軽さもいいですね。

真空状態から戻すときも、容器の上を押せばいいだけなので、これまた簡単です。これなら、誰でも使えますよ。

そうそう、手軽といえば、フォーサは、乾電池で動きます。(※ 単3電池4本です)

わざわざコンセントを刺したりする必要もないので、そういう意味でも嬉しいですね。

容器は何度も使えるので、経済的

一般的な真空パック器の場合、よく使っているとパックそのものが消耗品の上に意外と値段が高いので、ちょっときついですよね。

使えば使うほど、ランニングコストが必要になってきて、辛いことになります。

それに比べて、フォーサの場合は、使った後に専用容器を洗うことで、何度でも容器を使うことが出来るので、余計な出費がありません。

ある意味、とても経済的な真空保存器だと言えるでしょう。

真空にすると、どれぐらいの期間保存できるのか

次に、ほとんどの人が気になっているであろうことについて書きます。

それは、フォーサに限らず、真空パック等で真空保存した食品はどれくらい長持ちするのか、ということですね。

実はこの問いには、答えがありません。

確かに、真空にすることで、食べ物がダメになる要因の1つである、酸素をできるだけ取り除くことが可能です。

ですが、それができたからといって、何日伸びる、みたいに書くすることはできないのです。

まず、条件によってもずいぶん違うでしょうからね。

例えば、お肉でも、「産地直送で鮮度にこだわった精肉店で購入したお肉を、すぐに真空保存した」場合と、「消費期限が今日までの、5割引で購入したちょっと色がヤバそうなお肉を真空保存した」場合では、保存できる期間が違うのが当たり前じゃないですか。

他にも、カレーでも、じゃがいもを入れたカレーと、入れなかったカレーでは、保存できる期間に大きな差が出てきますよね。(※ じゃがいもって結構痛みやすいので、保存するならじゃがいもを入れないほうが無難です)

とまあこんな感じで、ちょっと極端に書きすぎましたけど、かなり細かい条件によって何日持つとか、何倍持つとか、そういうのは変わってくるのが当然なので、ここでバシッと書くことが出来ません。

私的には、「お肉は真空状態で冷凍すると1年ぐらい持つよ!」的な情報を書いているブログはありえないと思います。

ということなので、フォーサで真空保存した場合、普通よりも長持ちする可能性が高いけど、何日とか何倍とかそういうことは書けない、ということでお願いします。

少しでも家事の手間を少なくしたいなら…

手軽に使える真空保存器、FOSA(フォーサ)について色々書いてきました。

動画では「食べ残しがもったいない…」といったほうを主に語っていましたよね。

ですが、個人的には、出来るだけ家事の手間をへらすために、常備菜や作りおきのおかずを保存するときにこそ、もっともすごい効果を発揮する保存容器だと思います。

特に、夫婦共働きだったり、育児や介護などで、家事が出来る時間が限られている人にとっては、食事を作れるタイミングで一気に作って、少しずつ小出しにしていくという方法は、本当に効率がいいですからね。

そんなときに、ボタン1つで食材を長持ちさせることが出来るフォーサがあれば、めちゃめちゃ便利でしょう。

家事を出来るだけ時短したい、作ったおかずを長持ちさせたい、そんなあなたにピッタリの真空保存器ですよ。

あ、今、品薄とか書かれていますし、便利すぎて容器の数が足りない、みたいなことも口コミであったので、セットを選ぶときは注意してくださいね。

>>フォーサを注文できるサイト一覧はコチラ