UKABU枕の人気が上昇中。口コミもどんどん増えています。

UKABU枕という枕が最近、人気です。

私がチェックしたときには、楽天ランキングにも入っていました。

UKABUというネーミングもいいですね。

今回は、UKABU枕の口コミや評判を中心に調査しました。

>>いきなり販売店をチェックするならコチラ

UKABU枕の口コミや評判は、結構いいです

UKABU枕は、最近でたばかりですが、すでに口コミが投稿されています。

口コミの一部をまとめて紹介します。

  • 適度な反発で、安眠できる
  • 枕が動きにくいので、頭がちゃんと乗る
  • 反発強めで、底付き感なしで眠れる
  • 10年の耐久性が楽しみ

といった、買ってよかった系の評価が多いです。

ただし、ごく一部では

  • 価格が高すぎる気がする
  • 予想以上に重い枕だったのでびっくりした

という、悪い口コミも投稿されていました。

確かに、価格はギリギリ1万円以内ぐらいと、枕としては高めです。

もっと安い枕は結構あります。

ですが、UKABU枕は「10年もつ枕」だと書いています。

いま流行っているウレタン系の枕は、早ければ半年、長くても数年でへたります。

10年間も使えて、1万円以内なら、お買い得です。

また、UKABU枕は、約3kgあります。

他の売れ筋の枕は、1~2kgの物が多いため、確かに重い枕です。

重い枕のメリットとデメリット

UKABU枕のような重い枕には、メリットとデメリットがあります。

重い枕のメリット

メリットは、寝返りなどで枕が動きにくいことです。

軽い枕だと、動いて布団からはみ出してしまったり、頭が乗らなくなって目が覚めることもあります。

いくら頭や首を支えるような設計の枕でも、寝返りをうつたびに動いてしまうと意味がありません。

枕がしっかりと頭や首などを支えるには、ある程度の重さが必要です。

デメリットもあります

デメリットは、寝返りがうちにくくなることです。

枕が動きにくいので、無意識に枕を動かしながら寝返りをうつ事が難しくなります。

特に、低反発素材の枕は、沈み込んで寝返りがうちにくいです。

寝返りの回数が減ると、同じ姿勢で寝続けることになり、疲れが取れない可能性があります。

ただし、UKABU枕は、高反発素材を使っているので、寝返りをうちやすく、デメリットは少ないです。

最近よく売れている枕は、軽めのものが多いですが、重い枕もいいですよ。

丸洗いできる洗える枕で、衛生的

UKABU枕は、カバーだけではなく、中身の素材も丸洗いできます。

汗とか匂いが気になっても、中身が洗えないウレタン素材よりも衛生的です。

ただし、洗うときは手洗いにしてください。

洗濯機での洗いは、避けてください。

10年も使える枕は本当なのか

UKABU枕は、10年使えることをウリにしています。

では、本当に10年も使えるのかというと、メーカーの言うことを信じるなら、使えます。

UKABU枕は、2020年に登場した、まだ新しい枕です。

本当の耐久性は、2030年になってみないと分かりません。

しかし、20万回の耐久試験でもへたらない、という結果が出ています。

一晩で寝返りをうつ回数は、平均20回なので、約10,000日使えることになります。

10,000日だと、計算上は、ざっと27年も使えます。

また、SGSの老化防止検査(?)にも合格しています。

…書いていることがよく分からないので、調べました。

SGSとは、スイスに本社がある、検査や検証、試験などを行う、国際的な企業です。

全世界にオフィスがあり、かなりしっかりしている企業です。

日本にも、横浜、大阪、福岡、名古屋などにオフィスや試験場があります。

老化防止検査というのは、素材の劣化に関することや、耐久性を調べるテストです。

要するに、国際的な検査機関でテストを行い、素材の耐久性をしっかり調べています、ということですね。

ここまでしっかりしている枕はレアなので、10年というのも期待できるでしょう。

UKABU枕の販売店について

UKABU枕は、楽天やamazon、ヤフーショッピング等の大手ネット通販サイトで注文できます。

>>UKABU枕を楽天で見るならコチラ

>>amazonで見るならコチラ 

>>ヤフーショッピングで見るならコチラ

激安価格、最安値で注文できるショップは?

UKABU枕の価格は、ほとんどのショップが9,000円~10,000円となっています。

販売店が多い上、価格がコロコロ変わるので、最安値で販売しているショップも変わります。

私が一度確認したときは、楽天市場にギリギリ8,000円台で購入できるショップがありました。

次に確認したときには、9,000円台のショップばかりでした。

タイミングで価格が変わるので、あなた自身が楽天やamazon、ヤフーショッピングで探してください。

また、楽天市場などのショップで注文する場合は、送料やポイント還元もしっかり確認してください。

特にポイント還元は、ショップによって違うことが多いので、注意してください。

後、クーポンが発行されたり、購入したら特典がもらえるショップもありました。

少しでもオトクに注文したいなら、ショップ一覧の価格だけで決めずに、しっかりショップまで見に行って確認しましょう。

>>販売店をチェックするならコチラ

※ 意外な価格で注文できるショップがあるかも!?