DTY-20BKの口コミをガッツリ調査!人気の秘密が分かります。

夏はやっぱりかき氷!

中でも、DTY-20BKという型番のかき氷器が大人気です。(もしくは、色違いのDTY-20GR)

ふわふわの台湾風かき氷が、カンタンに作れると話題になっています。

私が見たときには、楽天、amazon、ヤフーショッピングなどの大手通販サイトで、ランキング1位でした。

今回は、DTY-20BKの口コミや評判をガッツリ見て、人気の秘密を調査します。

>>いきなり、販売店をチェックするならコチラ

DTY-20BKの口コミをたくさん調査した結果、分かること

かき氷器 DTY-20BKの口コミは、楽天やamazon、ヤフーショッピングなどにたくさんあります。

あまりにも多いので、いくつかまとめて書きます。

  • ふわっふわのかき氷が作れて嬉しい
  • 業務用クラスの美味しさになる
  • 家族みんなで楽しめる
  • 電動なので、楽に削れる

といった、「購入してよかった!」という声が多いです。

特に、あの台湾風かき氷が、家で楽しく作れる事が大きいです。

今のご時世、あまり外出したくないけど、美味しくて冷たいスイーツが食べたい場合は、嬉しいですね。

ただ、その一方で「付属しているカップが少ないから、追加で注文したほうがいい」という悪い口コミ(?)もありました。

かき氷器 DTY-20BKには、製氷カップが、5つ付いています。

ただし、Mサイズ1つと、味をミックスするためのハーフサイズ4つのセットです。

5つ全部を使ってかき氷をする場合、最大で3人分までしか作れません。

更に、ハーフサイズは、半分に分かれているので、少し使いにくいです。

4人以上で楽しもうと思った場合は、製氷カップが足りなくなります。

だから、製氷カップを追加で注文している人が多いです。

なぜ5つあるのに3人分なのか、具体的に書きます。

ハーフサイズは、Mサイズを半分に切って、半月型にしたようなタイプの製氷カップです。

違う味の氷を同時に削ってミックスする時に使います。

ハーフサイズを使う場合は、1回で2つを同時に入れます。

ハーフサイズ2つでMサイズ1つ分です。

そして、Mサイズ1個分で、だいたい1人前のかき氷が出来ます。

少しややこしい説明になりましたが、Mサイズ1つ+ハーフサイズ2つ+ハーフサイズ2つ=3人前、という計算になります。

バラ氷は使えないのか

別にわざわざ製氷カップを買わなくても、冷蔵庫で作れるバラ氷でかき氷を楽しめばいい、という人もいるでしょう。

残念ですが、かき氷器 DTY-20BKは、バラ氷などは使えません。

使えるのは、専用の製氷カップのみです。

具体的には、かき氷器と同じ、ドウシシャというメーカーが販売している、「製氷カップMサイズ」と、「ハーフサイズ」です。

…実は、「バラ氷でも使える」という口コミも、いくつか投稿されています。

ですが、かき氷器 DTY-20BKの取扱説明書には、

  • 専用の製氷カップで作った氷以外は使用しない
  • バラ氷や、市販のかたい氷は使用しない

と、はっきり書かれています。

口コミでは「大丈夫だ」と書いていても、取扱説明書で禁止されているので、バラ氷を使うのは止めましょう。

どうしても使いたいなら、自己責任になります。

もしくは、同じメーカーであるドウシシャのかき氷器に、バラ氷OKのタイプがあります。

少し数が多いので、商品名や型番だけズラッと書きます。

  • ハピコオリ 電動かき氷器(DIN-20BL、DIN-20PK)
  • ハピコオリ 手動かき氷器(IS-T-20BL、IS-T-20PK)
  • かちわり手動かき氷器(IS-D-20BK、IS-D-20GR)
  • 手動ふわ雪かき氷器(IS-FY-20)

です。

ほとんどが手動タイプですが、ハピコオリ 電動かき氷器(DIN-20BL、DIN-20PK)は、電動なのにバラ氷OKです。

可愛いかき氷器なので、お子さんが喜んでくれそうですし、DTY-20BKより安いです。

ただし、ふわっふわではなく、普通のかき氷になります。

楽天やamazon、ヤフーショッピングなどで注文できるので、気になる方はチェックしてください。

>>ハピコオリ 電動かき氷器を楽天で見るならコチラ

>>amazonで見るならコチラ

>>ヤフーショッピングで見るならコチラ

手動タイプでもいい場合は、楽天やamazonのかき氷メーカーランキングを見ると、たくさんランクインしています。

探すと、スゴイかき氷器が見つかるかもしれません。

>>楽天のかき氷器ランキングはコチラ

>>amazonのかき氷メーカーランキングなら、こちら

DTY-19BKと、DTY-20BKの違いを解説

かき氷器をたくさん作っているメーカー、ドウシシャは、毎年のようにかき氷器の型番を変えています。

2020年に発売したかき氷器の型番は、DTY-20BKです。

2019年に発売した機種は、DTY-19BKでした。

では、DTY-20BKと、DTY-19BKの違いを書きます。

まず、公式サイトをしっかりみると

  • 市販の冷凍フルーツも削れる
  • レシピ付き
  • 刃の高さ調節機能
  • 2タイプの製氷カップ付き
  • ワイドトレイで器が置きやすい
  • 洗いやすい構造

6つが違うと書いています。

しかし、様々な資料をみていくと

  • 市販の冷凍フルーツも削れる(削る刃の強度アップ)
  • レシピ付き
  • 回転速度が20%ダウンして更にふわふわに

この3つが変わったことが分かりました。

回転速度を20%ダウンさせたことで、氷をゆっくり削ります。

氷をゆっくり削ると、よりふわっふわな食感のかき氷が出来ます。

冷凍フルーツを削れるようになったのは、刃の強度をアップさせたからです。

そして、冷凍フルーツを使ったかき氷レシピも追加されています。

これ以外は、DTY-19BKとほぼ変わりません。

冷凍フルーツを使うような、凝ったかき氷を作らないなら、DTY-19BKでもいいですし、買い換える必要もないでしょう。

(※ あくまでも私の考え方です)

DTY-20BKの価格は、いくらぐらいなのか

最後に、DTY-20BKの販売店と価格について書きます。

DTY-20BKは、楽天やamazon、ヤフーショッピングなどの大手ネット通販サイトで注文できます。

>>DTY20BKを楽天で見るならコチラ

>>amazonで見るならコチラ

>>ヤフーショッピングで見るならコチラ

価格については、ショップごとにかなりの差があります。

私が見たときは、安いショップは5,000円前後でしたが、10,000円超えのショップもありました。

特に、夏が近づいてくると、売り切れるショップが続出して、価格がおかしくなります。

今年は、お家で楽しむアイテムが売れているのもあって、大人気です。

定価(メーカー直販価格)は、税込6,578円です。

送料を考えても、高すぎるショップは、プレミア価格になっています。

在庫がないなら仕方ないかもしれませんが、注意してください。

>>もう一度、販売店を見るならコチラ
※ 納期もしっかりチェックしましょう。

もし、どのショップを見ても「高すぎる!」と感じた場合は、楽天やamazonのかき氷器ランキングを見てもいいでしょう。

  • 台湾風かき氷にこだわらず、普通のかき氷でもいい
  • 手動でもバラ氷が使えるタイプがいい

といった場合は、もっと安い価格でも注文できます。

気になる方はチェックしてみてください。

>>楽天のかき氷器ランキングはコチラ

>>amazonのかき氷メーカーランキングなら、こちら