ぼっちてんとで、勉強やテレワーク、在宅勤務が!でも防音は…

今、テレワークや在宅勤務、勉強などのために、「ぼっちてんと」という、部屋に一人の空間を作るテントが人気です。

狭いところで作業やら勉強をすると、やたらとはかどりますからね。

そこで今回は、ぼっちてんとが勉強、テレワーク、在宅勤務などに有効な理由や防音に関すること、暑さや安い価格で買う方法について書いていきます。

>>販売店をチェックするならコチラ

ぼっちてんとが、勉強やテレワーク、在宅勤務などに有効な理由

では早速、ぼっちてんとが、勉強やテレワーク、在宅勤務に有効な理由について書きますね。

不要なものが視界に入らなくなる

まずは勉強ですね。

勉強するときに、色々なものが視界にうつると、どうしても集中が途切れてしまいます。

じゃあ、ぼっちてんとで机の周りを完全に囲ってしまえば…

そうです、不要なものを持ち込まない限り、本棚などの本すら視界に入らなくなります。

これなら、今やるべき勉強だけに集中することができそうですね。

テレワークやZOOM、スカイプで背景が見えても怖くない

今、テレワークや在宅勤務などを行っている人も多いでしょう。

そんなとき、ZOOMやスカイプなどのアプリで、テレビ会議や状況報告を行う必要がある…という人。

意外と困るのが、部屋が一緒に写り込んでしまうことです。

めちゃめちゃ汚い汚部屋に住んでいることが、バレることだってありえます。

とりあえず、顔半分はマスクで隠すとしても、背景はなかなか隠せませんから。

でも、ぼっちてんとの中でZOOMやスカイプを使えば…

背景問題は一気に解決です。

それどころか、テレワークや在宅勤務にかける情熱が評価される可能性があります。

また、自宅には、娯楽がたくさんありますよね。

だから、勉強のところでも書いたことと同じく、余計なものが目に入らない、という意味でもかなり重要です。

自宅でもバリバリ仕事したいなら、集中できる場所の確保は大切です。

自分だけのパーソナルスペースを確保できる

また、親と同居していたり、家族との折り合いが悪い、自分の部屋がない、という人にとっては…

自分だけの聖域というか、パーソナルスペースの確保ができる、という点でも嬉しいです。

私も、兄弟がいたため、自分の部屋がなく、かなり嫌でした。

そんなときに、ぼっちてんとのようなアイテムがあれば…

もっと勉強もしっかりできただろうし、人生も変わっていたかもしれません。

自分だけの空間を作れるというのは、本当にスゴイことですよ。

ただし、ぼっちてんとの防音はちょっと…

といった感じで、ぼっちてんとが勉強やテレワーク、在宅勤務にすごくいい、ということを書きました。

ただし、注意したい点もあります。

その1つが、防音について、です。

ぼっちてんとは、めちゃめちゃカンタンに設置できちゃうテントです。

外からは何をしているのか、殆ど見えません。

ですが、防音という点については、あまり効果がありません。

ですので、周りの音が気になるのであれば、耳栓やヘッドホンで好きな音楽を聴く、といった対処が必要です。

もちろん、テント内でテレワークを行うときに喋ることも、テントの外に漏れます。

家族なら大丈夫だとは思いますが、うっかり大声で機密情報を漏らすことがないように、注意しましょう。

なお、どうしても防音性を重視したいのであれば、簡易的な防音室を使うという手もあります。

ぼっちてんとよりも、グッと価格は高くなりますが、中の音も外からの音も、かなり遮断できますよ。

楽天やamazonなどで、「防音室」と検索すると出てきます。

組み立て式のものや、「だんぼっち」という、比較的お求めやすい価格のモノもあります。

気になる方は、チェックしてみてくださいね。

>>楽天で防音室を探すならコチラ

>>amazonで探すならコチラ

>>ヤフーショッピングで探すならコチラ

暑い、というのは本当か

そうそう、ぼっちテントのデメリットと言うか注意点は、防音に関することだけではありません。

夏場は暑くなりやすい、というのもあります。

ぼっちテントの通気性は、防音室などよりずっといいですが、それでも何もない状態よりも、熱がこもりやすく、暑いです。

だから、夏場に使う場合は、エアコンとの位置を調整するとか、>>このアイテム のような卓上冷風扇 を使うなどの工夫が必要です。

逆に、冬場に使う場合、節電に繋がります。

場合によっては、パソコンの排気熱だけでも暖房を使う必要がない、なんていうシチュエーションも出てくるでしょう。

遮光性もスゴイので、仕事に使うときはデスクライトを

後、これはデメリットなのか、メリットなのか、人それぞれでしょうけど…

ぼっちテントは、遮光性も結構スゴイです。

かなり開放していても、昼でも薄暗い感じになります。

ですので、暗いほうが好きという場合は問題ないでしょうが、仕事や勉強に使うときは、デスクライトがあったほうがいいですね。

なお、遮光性がスゴイということは、ぼっちテントの中の光が漏れにくい、というメリットもあります。

夜中の作業で、明るくして家族に迷惑をかけたくない…という場合にもいいでしょう。

ぼっちテントを安い価格で買う方法。販売店は?

最後に、ぼっちテントの販売店や、安い価格で買う方法について書いていきます。

まずは、ぼっちテントの販売店について。

主に、楽天やamazon、ヤフーショッピングなどの大手ネット通販サイトで販売されています。

>>ぼっちてんとを楽天で見るならコチラ

>>amazonで探すならコチラから

>>ヤフーショッピングで探すならコチラ

そして、ぼっちテントを出来るだけ安い価格で注文する方法は。

色々なネットショップで価格を見て、あなたにとって最安値になりそうなショップで注文することです。

これは、時期によって、そしてあなたがどの通販サイトをよく使うのか、によって、実質的な購入価格が変わるからです。

例えば、楽天をメインで使っているのであれば、楽天ポイントがたまる&使える、楽天のほうがいいでしょうし。

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを使っていて、paypayを活用できるのなら、ヤフーショッピングのポイント倍数がスゴイことになりますよね。

また、テレワークや在宅勤務が多くなり、人気が急上昇しています。

こういう場合、価格が不安定になりやすい、というのも理由ですね。

ですので、ぼっちテントを少しでも安い価格で注文したいのであれば。

色々な販売店をチェックして、あなたにとって、一番安いショップで選ぶ、これが最適でしょう。

>>販売店をチェックするならコチラ
※ 意外な価格でゲットできるかも?